先日・・(といってももうだいぶ日にちが経ってしまいましたが・・)
ガレージの整理をしました。

そこで出てきたのが初期型GC8のトランスミッション各種。

宝の山のようで、実は一部はゴミの山?
ギアが壊れて部品取りになってしまったり
その部品取りの役目も終わりただのオブジェだったり。

これからもGC8は大事に乗り続けられる名車になると思うんですが、
初期型のクロスMTなんかは、部品は1ヶ月以上も入ってこないし、後期型のギアよりも弱いくせに3割以上も高額だし・・一度壊れてしまうといい所なし。
お金かけて修理するよりも後期型に乗せ換えてしまったほうがいいですからね。

だいぶすっきりした・・

拍手[0回]


【 2011/06/14 01:37 】
CATEGORY [ 欧州車その他 ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<GC8エンジンオーバーホールのお話 | HOME | A/m/sでは珍しいクルマ!?>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT