ピカピカに大切にされているGDB,あのS204です。

大切にされているとはいえ、ちょっと普通と違うのは、サーキットをガンガンと走っていらっしゃるということ。
富士の本コースも含めてかなりの回数を走ってます。

ブレーキローターはPFCもすでに2枚目?パッドやタイヤの交換は数知れず。そういえば本来消耗品ではないブレンボキャリパー本体も過去に1回交換しました・・。そして今回。。ATSのカーボンクラッチもとうとう悲鳴をあげ・・終わってしまったようです。

~まさにスポーツカーとしてチューニングされたこのクルマとしては本望!?かと。

“クラッチは消耗品だから高額のものはいらない・・むしろバンバン気楽に交換出来たほうがいい”と普通の強化クラッチ&軽量フライホイール化。

このような一見、グレードダウンのチューニング。でもこのパワーに耐えられて、必要にして十分なパーツを選択しつつ、お金は掛けるところには掛ける。
走りの楽しみを優先した実に見事なチューニングともいえます。

これからもしっかりメンテさせていただきますので、よろしくお願いします!

拍手[5回]


【 2011/11/15 19:01 】
CATEGORY [ SUBARU ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<A/m/s 12月の閉店日情報 | HOME | BMW Style誌 取材~>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT