DSC03433a.jpgやっぱりラリーの華はカラーリング。
こと、歴史を創った名車(迷車も)はクルマ好きの心をワクワクさせてくれる。

というわけでA/m/sには人後に落ちないクルマ好きが集まってくれるので、レプリカ・カラーリングの車両も入庫します。
時として製造することもあります。

前回のエントリーにも書いたとおり、集まる時は集まっちゃうようで、この日も新旧のレプリカが2台並びました。
30年前と15年前?

グリーンとレッド、よくよく見ると色のチョイスや系統は全く同じなんですね、ちょっと不思議な感じも。

しかし、カラーリングの威力はやはり絶大。
ガレージが華やかで、楽しくなります。

拍手[0回]


【 2009/11/24 17:08 】
CATEGORY [ 日本車その他 ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<スーパーデミオの足回り。 | HOME | GRBな日>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT