過去の中古ラリーカーならいざ知らず、いまさならながらGC8の溶接ロールケージ車両を作ってます。

過去に、GpAレプリカのラリーカーを作りましたが、あれを1歩すすめて、今度はボディ剛性もレプリカしてみようかと。。以前のGpAレプリカは外装的にはなかなかよかったんですが、ロールケージは定員タイプなのでどうしてもちょっと中途半端な感じがあったんです。いつかはちゃんと溶接ロールケージのヤツを作ろうと。
まあ、GC8はこれからまだまだ楽しめるクルマだし、ちゃんとしたボディがあれば、エンジンやトランスミッションなんていくらでもグレードアップできますからね。

といっても、本格的なラリー用ではないのでフル補強フルスペックボディを作ったわけではありません。なんせ、“本格的・遊び用ラリーカー”というなんとも分かるようで分からないコンセプトです。
・・・でも分かってもらえる方も中にはいると信じています(笑)

ちなみに、“本格的遊び用・・”ですから、エアコンはあえて残してたりします。
でも“本格・・”ですから、ちゃんとフロントストラット貫通ロールケージです。

販売用車両でもあるのですが、時間をみつけてコツコツとレプリカしていこうかと思っています。

ちなみに、こだわったのがこの“Bピラー止め”。
ディテールはちょっとちがうけど、これこそが当時のGpAっぽいですよね。
GC8-weldrollcage7.JPG













(製作途中写真↓)
GC8-weldrollcage5.JPGf15c85f4.JPG

拍手[6回]


【 2011/06/14 02:51 】
CATEGORY [ 競技車両製作 ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<8ポット!キャリパーキット | HOME | ボディーコーティング>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT