セリカ用DMSサスペンションのオーバーホール依頼。DMSはオーストラリア製ダンパーで、海外のグループN用としては有名どころの一つ。一時期日本でも積極的に販売をしていたので時々見かけます。ただし、あまり開発していない車種だったりストリート使用を考えると“はずした”セッティングのクルマも少なくありません。このセリカ用もとんでもなく硬すぎて足が動かず大変な状態でした。これをオーバーホールと一緒に小西がスペシャルオーダーで仕様変更しました。ラリーターマック足としてはいい感じになったと思います。素性はいいモノだけにちゃんとセッティングしてあればね。(2004/11/4)

拍手[0回]


【 2004/11/04 11:54 】
CATEGORY [ 日本車その他 ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<ストリート仕様の苦労~ダクト加工 | HOME | デモカー・エンジン“プチ”オーバーホール>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT